New
Category
Archives
Bookmarks

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

41日目

09 27, 2014 | 探索日誌

靄が燻る早朝、マハは早々に身支度を終えて一息ついていた。
ここ最近は、漸く茹だるような暑さが遠ざかり、早朝は肌寒いほどに秋が近い。
吐息はまだ白く染まらないけれど、そうなるまでそう時間はかからないかも知れない。
そうなれば今は足元を濡らす朝露は霜となって、さくさくと小気味いい音を立てるのだろう。

続きを読む »

スポンサーサイト

26日目

09 25, 2014 | 探索日誌

「いつまで寝ているの?もうご飯よ。」

続きを読む »

25日目

04 08, 2014 | 探索日誌

ほう、と吐いた息は白く色付いて、それから霧散するように消えた。
消える白を追いかけて視線を落とすと、地面も白い。
歩を進めればさくさくと儚げな音がするのに、耳が痛くなるほど静かに感じられた。

続きを読む »

15日目

11 27, 2013 | 探索日誌

15_w.jpg

14日目

11 18, 2013 | 探索日誌

蝋燭の炎が揺れるテントの中には、様々な糸が転がっていた。
買い込んだばかりなのか、紙袋から転がり出た糸がころころと不安定に揺れている。
赤青緑、茶色に黒。
マハは幾つかの糸を手に取ってから、これにしよう、と心の中で呟いて針に糸を通した。

続きを読む »

Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。